オーダーメイド枕の計測方法|利点・欠点についてのまとめ

オーダーメイド枕を作る際に必要となってくる計測ですが、

 

実際どの程度の精度で行われているんでしょうか?

 

大きさや素材、他にも選ぶ際に大事なポイントはいくつかありますが、

 

計測は最も重要なポイントの一つです。

 

実際に行われているものをまとめてみました。

 

快適な睡眠を手に入れる権利は誰にでもあるはずです。

オーダーメイド枕の計測方法・計測の方法その1

最初に行うことは、頭(後頭部)、背中、腰、お尻の凸凹を細かく測るようです。

 

首の高さはもちろんのこと、身長・体重を含む全身を測定することで枕作りに反映させるとのことです。

 

次に仰向け寝、左右横向き寝の凹凸をチェックして、

 

計測データから元々準備してある『型(タイプ)』に分類します。

オーダーメイド枕の計測方法・素材を選ぶ

オーダーメイド枕を作る際には、ほとんどのショップで素材を選ぶことができます。

 

自ら触って素材を選べるところもあるようですが、

 

自分の硬さの好みを店員さんに伝えて、お勧めを乞うのがいいかと思います。

オーダーメイド枕の計測方法・製作

製作時間についてはまちまちですが、当日持ち帰りができる店舗であれば、

 

1~1時間半位のところが多いようです。

 

もちろん込み具合に左右されますが製作そのものに費やされる時間は、

 

細かい計測は既に済んでいますから、この位で済むようですね。

 

オーダーメイド枕の計測方法・調整

完成したらそのままお持ち帰りではなく、実際に寝てみて細かいポイントをチェック。

 

寝返りした時の枕の高さを、肩幅に合わせるのはよく行われます。

オーダーメイド枕の計測方法・完成

アフターメンテナンス等の説明を受けて、そのままお持ち帰り。

 

予約を入れて来店して、滞在時間は2時間前後でしょう。

オーダーメイド枕の計測方法・利点について

自分の体にピッタリあった枕が手に入れば、肩こりや首こり等の改善にも期待が持てます。

 

寝つきも良くなって朝もスッキリなんて想定外のことも起きるかもしれませんね。

 

購入後のメンテナンスもほとんどのショップが行っていますから、一見なんの問題もないように見えます。

オーダーメイド枕の計測方法・欠点について

計測する為の機械の精度は中々のものです。ただ、

 

下に敷かれたマットレスが自分が使っているものと違う場合、

 

それは沈み具合が異なることを意味しますから、店舗での寝心地とずれる可能性があります。

 

購入後のメンテナンスの充実はとても良いと思いますが、

 

自分がある程度使った枕を、自宅から持ち出してお店に持って行って、店員さんとはいえ他人に触られるのは、ちょっと抵抗がある・・・

 

と思われる方がいたとしても、不思議ではありません。

オーダーメイド枕の計測方法・おすすめのオーダー枕はどんなものがいい?

自分にピッタリのものを作るには、細かい調整は不可欠です。しかし、

 

店舗と自宅の睡眠環境の差や、(潔癖症とまでは言わないものの)、

 

自分が使った枕を他人に触られて、更にそれをまた使うということ、

 

そのこと自体への抵抗感を拭うのは簡単にはいきそうもありません。

 

オーダーメイド枕の良いポイントももちろんあるし、欠点もあった。

 

それらの欠点を克服した枕とはどんなものなのか?

 

快適な睡眠を手に入れる権利は誰にでもあるはずです。

 

詳しくはこちらで

↓公式サイトをご覧になりたい方はこちらをクリック↓

【自分専用枕 Dr.Layer】