枕が合わない・合わなくなった・首痛い・そんな方へオススメの枕とは?

枕を含む寝具は、そうそう頻繫に取替えるものではないので、出来る限り自分に合ったものを選びたいものです。

特には高さや硬さ、素材等によって選ぶ幅は広いですが、もし合わない時に次に選ぶ基準が曖昧では同じ事の繰り返しになりかねません。

枕が合わない・合わなくなった・首痛い・枕が合わない時はどうするのがベスト?

『枕が合わない』と一口に言っても、大きく2つのケースが考えられます。

1つは、ただ単に寝づらい。肩や首に痛みがあるわけではない。

そんな方でしたら問題もさほど大きくないかもしれません。

元々使っていた枕が硬めのものだったら柔らかくしてみるとか、つまり『寝心地』の問題の可能性が高いですね。

問題は朝起きた時に首・肩に痛みがあったり頭痛がする等の症状が既に出ている方です。

もちろん医学的に他の疾患の可能性があることは大前提ですが、枕が合わなくて肩・首の痛み・頭痛等の症状がでるのも事実です。

高さを調整出来る枕に変えてみるというのも一つの手です。

高さを調整出来る枕はこちらから

枕が合わない・合わなくなった・首痛い・今使っている枕が合わなくなったら?

経年劣化によって枕が合わなくなったのであればまだ問題は小さくて済むかもしれません。しかし、

枕の経年劣化と相まって自分の体に負担が掛かってくるようであれば話は別です。

起床時の首・肩の痛み・頭痛等が(他の疾患の可能性がある事は大前提で)最近になって起きるようになった。どうも寝心地も以前に比べて悪くなった様な気がする。

そんな方が寝具、特に枕に問題があるのでは?と考えても何の不思議もありません。

合わなくなったら自宅で微調整出来る枕はこちら

枕が合わない・合わなくなった・首痛い・朝起きると首が痛い・・・

枕の高さが合ってないことから起床時の首や肩、頭痛等が引き起こされるのも事実です。

寝る前は何ともないのに朝起きると首が痛い。そんなことがここ何日か続いている。

そんな方が寝具、特に枕に問題があるのでは?と考えても何の不思議もありません。

最近はオーダーメイドの枕もかなり市民権を得て、様々なタイプのものがあるようです。が、問題もあるみたいです。

オーダーメイド枕の口コミはこちらから

枕が合わない・合わなくなった・首痛い・そんな時どうする?まとめ

枕が合わない事によって引き起こされることは決して軽視出来るものではありません。

快適な睡眠は日々の生活に活力を与えますし、なにより体がラクなのは周知の事実。

枕の劣化と自分の体の変化、微妙なポイントで体調に変化が生まれることもあります。

自分にピッタリ合った枕で毎日快適な睡眠を手に入れたいものです。

自宅で調整する枕はこちらから

公式サイトをご覧になりたい方はコチラをクリック

        ↓                ↓
日本初!スマホひとつで最適な高さを計算AI枕「Dr.Layer(ドクターレイヤー)」