オーダーメイド枕の作り方比較|低反発ウレタン・パイプ素材どう違う?

オーダーメイド枕はどのような作り(構成)で出来ているのか?

 

大きく分けて2つのタイプがあります。

 

快適な睡眠を手に入れる権利は誰にでもあるはずです。

 

この記事が、その一助になれば幸いです。

オーダーメイド枕の作り(構造)について

1つは枕を『区分け』して縫い合わせ(ショップによって様々)、

 

そこに様々な硬さ・素材のものを、好みや体の形に合わせて調整して仕上げるタイプのもの。

 

もう一つは薄く形成された低反発ウレタン等の素材を何枚も積み重ね、

 

高さを調整して仕上げるタイプに分かれます。

 

オーダーメイド枕の作り(構造)素材について|その1

区分けされたスペースに素材を埋め込んでいくタイプのものには、

 

おなじみの羽根やそば殻、パフ(化粧道具に使われているもの・荒めにカットしてある)、

 

様々な硬さのパイプを短く細切りにしたもの等が使われることが多いです。

 

 

オーダーメイド枕の作り(構造)素材について|その2

薄く形成されたシート状のものを積み重ねて仕上げるタイプの枕には、低反発ウレタンがよく使われます。

 

低反発ウレタンは、屋内の色々な場所で子供が遊べるスペースを構成する素材によく使われます。

 

 

低反発ウレタンには、ゆっくり沈んでゆっくり戻るという性質があります。

 

耐圧分散と呼ばれる違う重さ(例えば頭と首)が、シートにかかってもそれぞれに対して程よく沈みます。

 

スーッと一体化するような心地よさがあります。

オーダーメイド枕・口コミから見えた利点・欠点

「みん評」という口コミサイトで、どんな内容の投稿が多いのか調べてみました。

 

個々のお店の良し悪しよりもオーダーメイド枕そのものの満足度大事なんじゃないかと感じたので、

 

その辺りを集中的に観察しました。

 

口コミなので鵜吞みにしてはいけない部分ももちろんありますが、

 

ランキング上位のお店でも☆4つ以上ついた投稿は約25パーセント。平均が3.6。

 

良い口コミの共通点として、セットでマットレスや掛け布団を購入した方は満足度が高かったです。

オーダーメイド枕・満足度が低い理由と思われるものは?

きちんとした計測を行った上で完成したはずなのに、何故かしっくりこない。

 

その理由と考えられるもの。それは、

 

家で実際に使っているマットレスと、計測する時のモノの硬さ(柔らかさ)が違ったら、

 

『帰って寝てみたらなんか違った』なんてことが起こったとしても不思議ではありません。

 

もちろん満足されている方もたくさんいらっしゃると思います。ただ、

 

こういう事が起きかねないのも事実で、購入する際には注意したいものです。

オーダーメイド枕・満足度が低い理由と思われるものは?その2

店舗で実際に計測して枕を作るショップのほとんどが、アフターケアを充実させています。

 

これは良いことだと思います。ただ、

 

実際に自分が家で使っている枕を外に持ち出して店員さんとはいえ他人に、

 

調整の為とはいえ触られるのに抵抗があるという人がいたとしても不思議ではありません。

 

もちろん作業には手袋をする等のことは、当然行っているでしょう。

 

でもちょっと気になりませんか?

 

快適な睡眠を手に入れる権利は誰にでもあるはずです。

 

自宅で微調整出来るオーダー枕とは?